2015年01月31日

明日から2月!! 受験生がんばれ!!

まだまだ寒い日が続きますが、お元気でいらっしゃいますか〜?
私は連日の受験生特訓でほぼ徹夜続き。
なんとか少しでも一歩でも合格に届くように、
ぎりぎりまで解法手順を模索してあげている日々です。

今週、来週は顔色の悪い先生かもしれません><
許して〜〜


さてさて、新年度のお問い合わせをたくさんいただいて
いまして本当にありがとうございます。
まだきちんとお知らせも出来ず、確定も出来ておりませんが
随時お知らせいたしますのでお待ち下さい。


新年度は将来の大学入試改革や小学校英語の教科化を
踏まえた内容を少しずつ加味し、さらにグレードアップした
レッスンをお届け出来るよう努力して参りたいと思っております。


当教室では小学校1年生から英語4技能全体を修得して
いくことで、従来よりも早い段階で高いレベルに到達して
もらえることを目標にしています。
文法などを始める時期が少し早いと思われる方もいらっしゃると
思いますが子供は意外と順応性が高いので今のところ
大丈夫なようです。早い子は小学校3年生で中一文法の
問題集などをこなしていける子も出て来ました。


毎年受験生を指導していて一番聞く言葉が

「もう少し早くやっていれば良かった!」
「もっと早く教室に来ていれば良かった!」

という言葉です。

英語は膨大な積み重ねの上にあるものなので
かなりの勉強の絶対量が必要となります。
でもその量を正しい手順でこなすことが出来れば
誰でも到達できます。
これが英語や語学の素敵なところですよね♪

出来るようになるとみんあパァ〜と顔が輝くように
なって自信が生まれてきます。

よく私は言うのですが、
私の役割は山登りのガイドみたいなものです。
登るのは生徒自身。
でも未知の山を登るのにどんな装備が必要で
どのルートでどんな速度で行けばいいのか・・・。
高い山に登りたいならそれなりの体力作り
(日々の基礎学習)も必要です。
途中で疲れたら、励ましてあげたいし、
時には休憩も必要ですしね。
そして何よりも大切なのは、生徒自身が絶対に
その山に登ってやるぞと思わないといけません。
登ってみようかな〜とその気にさせたり、
その子にあった一番の登頂ルートを捜してあげるのも
私の役割だと思っています。
頑張ればいつかは絶対に頂上に(目標に)到達できるのですから!

というわけで、これからも
英語の”山登りガイド”頑張ります!


もうすぐ教室のホームページも新しくする予定です。
(今のサーバーが使えなくなった・・というのが本当の
理由ですが 苦笑)
こちらももう少しお待ちください♪

今日で1月も終わりですね。
またみなさま、2月もどうぞ宜しくお願い致します。


posted by ぱせり at 01:31| Comment(0) | 教室 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月12日

成人の日に。

今日は成人の日でしたね。
お天気も良くて、着物の方たちは良かったですよね。

うちの教室にも実は2人、今年成人式を迎えた生徒がいます。
大学生になっても熱心に通い続けてくれる子がいるというのは
本当に嬉しいことです。
2人とも今、社会に羽ばたくための準備を一生懸命している最中で
その姿を見ているだけでも、私もがんばらなくては・・という気にさせてくれます。

無事に20年という人生の節目を迎えるということ。
自分が当事者の時はそんなには感じなかったけれど、
こうして見守る側に立ってみるととても感慨深いものですね。

他人の私でさえこうなのだから20年間ずっとそばにいて、
一生懸命育てられた親御さんにとって、その感慨深さはいかばかりか・・。


*************************************

そのうちの一人の男の子。
彼は高校2年生の夏休み、暑い暑いある夏の日に
私の教室に飛び込んできてくれました。
お母様のお話では、今の成績では”3年生への進級が危ない”とのこと。

「高校で進級が危ない」ってあるんだろうか?とびっくりしたのを覚えています。
(実際は一部あるとか・・汗)

彼は勘がするどく、驚くくらい集中力と忍耐力があるのですが、
とにかく家で勉強することはないようでした。
そうなるととりあえず英語は私の教室でするのが全てなので、
とにかくできるだけ教室に通ってもらうしかない・・
というところからスタートしました。

週に1回、2回・・そしてテスト前はもっと。
とにかく英語はある程度の絶対量が必要なので、
テスト前には3時間、4時間ぶっ続けでということもありました(笑)

教室だけの勉強なのでそんなすぐに成果は出てくれないのですが、
それでもとにかく続けてくれました。
そしてなんとか進級の危機を乗り越え、次は卒業の危機を乗り越え
いよいよ大学受験。

受験前もとにかく辛抱強く続けて、粘りに粘って志望の分野で
現役合格をつかみとりました。

去年の夏休み。
学校選抜の海外研修に選ばれるまでに成長してくれました。
研修に行く前、そして帰ってきてからも嬉しそうにいろんな話をしてくれて・・

「先生のおかげです。有難うございました。」

そんな言葉を目の前で言ってくれた彼。

「そんなことないよ。全部自分で努力した結果だよ。」

そう答えた私。

勉強とは結局本人が努力してやらない限りどうしようもありません。
紆余曲折を経ながらも、細々と辛抱強く継続してくれた結果なのだと思います。
でもそうやって素直に言ってくれたこと、泣きそうになるくらい
本当に嬉しかったです。


***************************************

本日、晴れやかに成人の日を迎えた二人に
あらためて心からの祝福を贈ります。

社会に羽ばたくまであと2年。
まだ少しの時間一緒に英語を勉強する時間を共有できるのは
本当にありがたいことです。
2人のことはもちろんのこと、在籍中の生徒、そして
卒業していった生徒たち全員の未来をずっと応援し続けたいです。

その未来を築くお手伝いを微力ながらでも出来れば・・
と思いつつまた明日からのレッスンを頑張っていきたいな・・と思います。


少しずつ春のような明るさが出てきた空。
さまざまな気持ちが交錯するとともに
窓から差し込むわずかに暖かな光が心と体に嬉しい・・
そんな祝日の一日でした。


posted by ぱせり at 22:33| Comment(0) | 教室 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月06日

皆様、明けましておめでとうございます!!

なんと、いつのまにか2015年がやってきてしまいました(笑)
忙しさにかまけて、更新を怠ってしまいまして本当にすみません。
今年はなんとかがんばって少しでも多く更新していくように努力します。

あらためて、
新年明けましておめでとうございます♪♪

みなさんは良いお正月を過ごすことが出来ましたか?
私は・・まだお餅を食べていないので
まずはそこからかな〜(笑)
早くお雑煮作らなくっちゃーーー!(遅)


とにかく・・・

今年も皆さんと一緒にがんばって行きたいと思います。
少しでも英語を好きになって、得意になって
笑顔になってくれる子供たちを増やしていって、
そんな子たちを精一杯フォローしていけるように
努力して参りますね!!


さて昨年から少しずつ英語教育改革の話が本格的になり始め、
具体的な話がニュースになって流れ始めてきました。

どう変わるかについては、最終決定はまだなのですが、
とりあえず、徐々にですがいろいろ変わっていくのは確実ですので
私の教室もそれをなるべく先取りして行けるように
していきたいと思っています。

新年度からはまたあらたなカリキュラムも増やして行きたいと
思っています。

特に新年度からは、論理的なスピーキング、ライティングの準備
の仕方を小学生時代から学んでいけるようなカリキュラムを
考えています。

というのも、将来的に大学入試で取り入れられることが予想されている
英語の4技能を計る試験では、
論理的なスピーキング力ライティング力
が求められる可能性が高いからなのです。

普通、英語でのプレゼンテーション、正規のライティングでは必ず
論理性が求められます。

「事項を補足しながら、関連事例を挙げて、主張を強化、展開することができる」

このようなアカデミックな英語力が2020年(?)の大学入試から求められる
可能性が高いということです。


・・・ということで、早めに準備をしていけるといいですよね〜。
なにごとも早めの準備と対処が肝心ということで(笑)

私がいつも思うのは、現在中高6年かけて学んでいる文法を
3年くらいでやってしまって、
あとは多読、速読、会話、ライティングなどに注力できれば
いいのになあ〜ということなのです。

6年もダラダラと文法をやるのって、なんだかもったいないですよね。

基本の発音、単語、文法はさっさと初めて、早く終わって
あとはそれを土台にした応用英語力を伸ばしていける方法を
日々模索しています。

現状は、学校英語のフォロー、定期テストがからんでくると
実践するのは難しい部分もありますが、
今年もあきらめずにその部分は追求していきたいと思っています。

・・・というわけで

今年も常に挑戦の気持ちを私も持ち続けていきますね!

どうぞ今年も宜しくお願い致します!
楽しくかつ真剣に、大いなる「知の探求」の旅に今年も出かけましょうね!



posted by ぱせり at 00:41| Comment(0) | 教室 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする