2016年10月22日

限界を越えるということ−− beyond your limit


10月ですね。
金木犀の香りが漂ってくるとなんというか
胸がキューンとなるのは私だけでしょうか?

高い空の青と、空気の清々しさと相まって本当に
気持ちの良い素敵な季節ですね。



ところで、今日はとても素晴らしい朗報が飛び込んできました!

それは・・

高校生のある生徒さんが
英検準1級の一次試験を突破 してくれたんです。


今年の6月は残念ながら合格できなかったのですが、
またそこからエンジンをかけ直して、本日合格となりました。


まだ英語歴4〜5年(中学受験を経ているので中1から英語を
始められたお子様です。)の子がどうやったら
準1級を突破できるだろう?



そんな子を合格させてあげるにはどうすればいいのかなあ・・。
本人からは、この壁を突破したいという気持ちは
十分に伝わってきます。

ですので、私も合格させてあげたい一心で、
あらゆる方法を本当に研究し尽くしました。


そこをとっくに通過したものにとっては、何でもないことですが、
これから目指す者にとっては、途方もなく高く厚い壁だと
感じるのは当然のことですね。


準1級の高い壁を感じたのか、泣きながら問題を解いていた
姿を目にしたこともありました。




私の一つの持論は、

「何事においても大事なことは”Passion” 「情熱」である」

というものです。

勉強でも、仕事でも、芸術でも、スポーツでも、音楽、、そして人間関係でも
「情熱」があればどんなことでも、ある程度は可能になる気がします。

人の心を感動させるのは、そこに”Passion”があるかどうか、だと
思っています。


だから私はいつでもどこでも ”Passion”をもっている人が大好きです。


帰国子女でもない、高校の授業やテストに忙殺されている
その生徒さんはその合間を縫って
通ってくれて、いつも夜遅くまで勉強してくれました。

たくさんある訳でもない時間の中で、それでも合格したいという
意志が伝わってくるのですから、私も精いっぱいの”Passion”を
持って答えなくては・・と必死に探っていきました。


そして得た結論は、、、

「意志があれば、限界は突破できる!!」ということです。

必要なのは、情熱と冷静な分析と効率的なテクニックと
不断の努力だけです。

あらゆるテクニックと効率を考えたカリキュラムを組んだ上で、
そこに本人の”Passion” があれば英検準一級でも
絶対に合格可能です。


・・・えーっと、あらゆるテクニックや、やり方はまたいずれ
公開できればなあ、と思います
また彼女に続く人が現れてくれると本当にうれしいなーーと思います。

というわけで、
「よし、僕も or 私も自分の限界を越えてみたいぞ!!」と思う方が
いらっしゃいましたら、ぜひぜひ一緒に頑張っていきましょう!!
(ちょっとM体質も必要かも・・・ )


さあ、これからまた二次試験に向けて
あらゆるテクニックを駆使すべく、私も研究に励みたいと思います。


これから1週間は、自分の課題も山積でして、、、(ぎゃーー)
essay 2本に、研修準備に、授業準備に、
読んでない本も何冊か・・。
うわっ、毎日徹夜が続きそう・・。

私も自分の限界を越えて、頑張ります!!!


IMG_0677.JPG


写真は今年の2月に、小学2年生で3級に合格された生徒さんのものです。
彼女も限界を超えて頑張っていたなあ・・。懐かしい♪♪

posted by ぱせり at 00:23| Comment(0) | 教室 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする