2017年02月18日

First storm in spring -- 少しずつ春の予感ですね。

今日は、少し暖かくなりましたね。
春一番が吹いたところもあったりと、季節がゆっくりと
動き始めていますね〜。

さて、私立高校の入試がほぼ終わって
私の教室に来てくださっている方たちも
全員めでたく合格という連絡をいただいております。

この地域ではトップレベルの高校ばかりですが、
本当に一生懸命努力した結果が出て良かったな〜。
”合格しました”という言葉。
なんて甘美な響きなんでしょう(笑)

英語は、特に偏差値の高いと言われる私立高校の入試問題には
公立で教える範囲をはるかに超える内容が
出ていますので準備が大変です。

高校で習う文法項目や、単語・熟語など
お構いなしに出てきますので、中学の教科書を
やっていても歯がたちません。
なぜならその知識を学校では教えられていないからです。

なのでうちの教室では、意欲がある子には
学校の進度は無視してどんどん先取りして
やっていただくようにしています。
早い子は、中学2年の終わりぐらいから
高校生向けのテキストや問題集に取り組んで
いただいております。

実は私も予測していなかったことですが、
この先取り学習が後々の大学入試にもいい結果を得られる
布石になっているようです。

英語が出来るようになると、とても自信になるらしく
勉強のモチベーションそのものが上がるようですよ。

いつも思うのですが、公立中学でも
英語は実技科目にして理解度別にクラス分けを
すればいいんじゃないかなあ?
勉強歴に合わせたクラスでそれぞれが
学ぶという方が絶対いいと思うのですが。

よし、文科省?それとも愛知県教育委員会?
どっちでもいいや!早速提言しよう!!!


・・・さて

今日から、この4月から新中学1年生になる方向けの
準備講座を始めました。

英語ってそもそもどんな言葉なの?
というお話から、ていねいに説明をさせていただいています。

時間があれば、英語の歴史などにもふれていけると良いなあ。

英語の歴史って、ほんとうにおもしろいんです!!
ああ、だからこうなったんだぁ、という話がいっぱい
あります。

たとえば、
rival (ライバル)という言葉は、ローマ時代に
river (川)をはさんだ二つの領域を争ったことから
生まれたという話とか・・。
(正確にはラテン語で小川を意味する
 rivusの派生語 rivailsから)
こういう小ネタを話したくて仕方がない私がいます。

というわけで、これから3月末までの講座で
英語を好きになってもらって、そして新しい中学生活で
英語が大得意になってもらえるとうれしいです。

IMG_0878.JPG

英語の楽しいところ、たくさんお伝えします。
もちろん予習・復習のやり方、テスト勉強のやり方など
ひとつひとつていねいにお教えしますね。

*****************************************************


大学院時代、夏休みにも特別講義がたくさんありました。
私は欲張りだったので(笑)夏休みもせっせと通って
いろんな講義を受けました。

ある講義を受けたときの参加者は、私と私の親友と
中国人留学生の Bさんの3人だけでした。

Bさんは温厚でとても気さくで親切で、
私たちは3人でたくさん話をしました。
ある時いつも通り、たわいのない話をあれこれしていた時に、
Bさんが驚くべき事実を教えてくれたのです。

ぼく、昔、スパイをやっていたんですよね(笑顔)


・・・はい? 今 スパイって言いました?
私と友人はその告白に興奮を隠し切れませんでした。

好きな映画は何ですか?と聞かれたら『ニキータ』と答える私。
まさか、”スパイ”という言葉を、この平和で平凡な毎日が過ぎるだけの
日本の日常生活で聞くことになるとは。
そしていろんな意味で若かった私にとってこの事実を
どう租借してよいのやら・・。

Bさんはお父さんが外交官をなさっていたということで
いろんな国に行ったりしたそうです。
どこでスパイ活動をしていたかとか聞いた気がするけど
その部分がいまいちおぼろげで・・。
(えっ、もしかして記憶が消されてるとか?・・んなわけないか)

韓国語、日本語、英語などいろんな言葉を話せるBさん。 
将来はアメリカに留学して、それから商売をしたいと
素敵な笑顔で話していたのが印象的でした。

あれは本当に本当の話だったのかなあ?

ここ2、3日の小説でも書けないような出来事を目にして
にわかに思い出したBさんのこと。
Bさんは予定通り今ごろはアメリカで商売をして
成功されているかしら?
夢が実現しているといいなあ。


51JQJSEDpNL.jpg


クアラルンプール、マカオ、平壌・・
assassin に、一国のトップの異母兄弟という登場人物。
フレームワークだけでも優に小説を越えてますね。
おそろしい・・。

posted by ぱせり at 02:14| Comment(0) | 教室 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月12日

新学年向けのクラスなどについては現在構想中です、、もうちょっと待っててというお話

寒い日が続いていますね。
みなさんはお元気でいらっしゃいますでしょうか?

私はようやく風邪から立ち直りつつありますが、
それでもまだ7分くらいの回復でしょうか。
一部の皆様にはレッスンをお休みしてしまったりして
ご迷惑をおかけいたしました。
早くエンジン全開でいけるように頑張りたいと思います。

さてさて、今週からいよいよ学年末試験週間が始まります。
3月の上旬まで気が抜けません。
今期の締めくくりですので、ぜひ頑張ってもらいたいです。
全力でサポートしていきます。

それから・・

中学受験が終わったようで、受験勉強で教室に来るのを
中断していた方たちから続々と連絡が来ています。
また私の教室で英語の勉強を再開したいとのことで・・

本当に嬉しいです!!

いよいよ本格的に中学英語の準備が始まりますね。
新規の方からもすでに何人も体験レッスンなどのご連絡を
頂いていて有難い限りです。
順番にご連絡させていただいていますので
気長にお待ちいただきますよう、ぜひお願い致します。


今期からは、春休みに集中して準備講座をやろうかな?とか
いろいろ考えてはいるのですが、なかなかまだまとまらなくて
すみません。


とりあえずどんな形であっても今年は

「ザ・勉強のやり方」

から説明していこうかな・・と考えています。

まずは中学で勉強するとはどういうことなのか・・
英語はどうやって勉強するべきなのか・・
どうやってノートをとるのか・・
予習・復習はどうすればいいのか・・
定期テストの勉強はどうすればいいの・・
そもそも「英語」ってなんなの?

・・とかいろいろお話できればいいなあと思っています。


こういうことが去年ありました。

ある生徒になにげなく「授業のノートってどんな風にとってるの?」
って聞いてみたんです。

そしたら・・

「ノートはとっていないです。」と平然と言い放ったのです。

「えっ?ノートとってないの?・・授業中どんな風にしてるの?」

「先生がプリントを配るからそれをやるだけ」

・・・聞くと、クラスの誰も特にノートはとってないとのこと。


・・・なんじゃそれ?学校の授業を受けるのにノートをとらない?
ノートの準備すらしていないとのことでした。

しばし呆然。先生は何も言わないということでした。


いっかい、そいつ連れてこんかーい!!と言いそうになりましたが(笑)


まあ、学校の先生が言わないのなら素直な子たちですから
そりゃあ、そのままですよね。

その他、発音記号も教えていなさそうだし、単語の覚え方とか
いろいろ・・ねえ。

今まで断片的に教えていたのですが、一度体系的に説明
してみようかな、と思っています。
まあ、いわば「勉強ワークショップ」ですねっ!!

結構、最初って大事です。
うまく乗っていければ、その後も気持ちよく進んでいけますから!
学校が始まると、英語なんか遠慮なく単元がすすんでいって
しまうので、遅れると大変です。

もし既存のクラスでもかまわなければ、

金曜日 17:30−18:30
日曜日 17:00−18:00

上記のクラスでは、4月からの新中学1年生の子たちが
準備を始めていますので、ぜひ一緒に参加してみてくださいね。




************

今日突然、スペインのパブロ・イグレシアス(ポデモス党首)から
ツイッターのダイレクトメールが来てびっくりしました。
何事かと調べてみると、現在党大会中でいろいろもめているらしい。
NO.2のエレホンと考え方が分かれているらしく・・
分裂の危機かという記事を読んで、ちょっと動揺。
二人のそれぞれの考え方には一理あるので、どっちがいいとか
判断がつかず・・。
えっ、パブロさんやめちゃうの?

・・と言っても1年前ぐらいから本格的にスペイン語を勉強し始めた
私には内容的にとても難しい。
(まあ、部外者ですけど、そもそも)

難しいけど、スペインの現代政治やその他今動いているヨーロッパの情勢
を知る、つまり現在進行形の世界史の勉強はとても楽しい。

そう、私が語学をやる一番の理由は、こういう生きた情報を得るためだと
あらためて確信した。

ちなみに今朝の(日本の)朝刊をすみからすみまで読んだけど一ミリも書いてなかった。
最近国際欄がしょぼすぎるのだ。
トランプさんをどうするのか・・ばかりで、、ねえ。(ゴルフなんてどーでもよい)

というわけで、最近の私のお気に入りはイギリスの”ガーディアン紙”をネットで
読むことです。
いろんな情報がバランスよく、しかも結構深く載っているので好きです。

世界のあらゆるところで起きている真実を、本質を、客観的に熱くかつ冷静に知りたい。

私の信条です。

そしてそんなとき、英語は、語学はなくてはならない力です。
というわけで、今日も明日もガンバロー!


posted by ぱせり at 01:15| Comment(0) | 教室 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする