2017年04月29日

明日からゴールデンウィーク!!

こんにちは!
新緑のまぶしい季節がやってきましたね〜。
清々しい空気とキラキラした空の輝き。
いろいろ頑張れそうです。

さて、明日からゴールデンウィークが始まりますね。
教室も通常レッスンはお休みとさせて頂いております。

教室お休み期間:4/29〜5/5
(特別レッスン、振替などの方を除く)


そして、お休み明けからは怒涛の中間テスト前の準備に
入らなくては!!
特に新中一生にとっては、初めての中間テスト。
ぜひみんな良い点をとってもらえるように、
私もがんばりたいと思っています。

最初のスタートダッシュって結構大事ですよね。
自分は英語が得意なんだ!と思えるような点を
取ってきてほしいと思っています。


それには、やはりまずは単語・熟語力。

どの学年も今年はますますこの英語の
『基礎体力』作りに力を入れてレッスンをしています。

どんな場合でも、まずこの語彙力がなければ話になりません。
逆に、語彙力があれば、、、まあ何とかなります!(笑)


日本のトップの大学をねらう生徒さんたちには、この語彙力を
とにかくつけてもらうカリキュラムを組んでいます。

現在使ってもらっているのが…

31RRHNDS1QL.jpg


この単語帳の何が良いかというと、
とにかくまずは収録語数が多いこと。
難しい大学に入るためには、出来るだけたくさんの語彙を
知っているほうが断然良いです。

よく知らない単語があっても推測すれば良い、と言う人も
いますが・・。

知らないより知ってたほうが絶対イイですよね!
長文を読んでいて何がストレスかというと、
この「知らない単語」があること。


長文がいやだと言う生徒さんは、本当にたくさんいます。
たぶん、知らない単語、熟語、言い回しがありすぎて
ストレスがいっぱいだと思うんですよね。

私も知らない単語がいっぱいある文は・・やっぱりきついです。

この『単語王』のほかに『速読英熟語』で熟語力を
養っていただいて、その後は『リンガメタリカ』などを
使って背景知識を入れてもらう予定です。

半年後くらいには、ストレスなく長文がスラスラと
読めるようになってくれているといいなあ、と期待しています。


私も毎日知らない単語を覚えては忘れて・・
また覚えての繰り返しをひたすらしています。
新しい単語に出会うのは、新しい人と出会うことと似ています。
顔を覚えて、特徴を覚えて、親しくなって始めてわかり合えますよね。
一緒にこの楽しい(?)出会いを楽しみましょう!


===========================

昨日の英字新聞にとってもかわいい写真が!

IMG_0914.JPG

北海道のウラウス神社のお花畑とリスの写真でした。
『Real-life picture book』とあるように本当に絵本から
飛び出てきたみたいですよね〜。
昨日は一日、この写真に癒されていました!
いつかこのお花畑に行ってみたいなあ〜。

記事の英文と翻訳を載せておきますね。

A Hokkaido squirrel stands in a garden filled with blue and
purple flowers at a shrine in Urausu, Hokkaido.
The flowers there, including dogtooth violets, are known as
"spring fairies."  The flora and fauna attract many
photographers.The peak of the spring flowers continues until
around the end of April.  Squirrel sightings, however, depend on
one's luck, a town official said.

(The Japan News / April 27, 2017)

北海道浦臼町の浦臼神社で、青や紫の花が一面に咲く庭に
エゾリスが姿を見せています。そこには紫色のカタクリも咲いていて
それらは「春の妖精」として知られており、
多くの写真家を引き付けています。
その春の花々の見ごろは4月の終わりごろまで続きます。
しかし、エゾリスに出会えるのは運次第だと、浦臼町の観光係は語っています。

==================================




ではではみなさま楽しいゴールデンウィークをお過ごしくださいね。
私は教材研究と休み明けのレッスンの準備に
教室に引きこもって・・頑張ります!

Bye for now!!
Have a great holiday !!
続きを読む
posted by ぱせり at 00:43| Comment(0) | 教室 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月31日

Poisson d'avril --- いよいよ4月!

明日からいよいよ4月ですね〜。
4月が来るといつもチョーサーの『カンタベリー物語』
 (The Canterbury Tales) (1387−95)
あまりにも有名な最初の一節をついつい思い出します。

 When April with its sweet showers
 has pierced the drought of March to the root
 and bathed every vein in such liquid
 from which strength the flower is engendered

 4月のやさしい雨が、3月の乾いた根っこへ染みわたり
 そしてすべての葉脈を通った水分が
 花の強さを生み出すとき・・

適当に訳しました(笑)。
実際は中期英語(英語の歴史はおおざっぱに分けると
古英語・中期英語・近代英語に分けられます)
で書かれているので原文は非常に読みにくいです。

でも昔の人が書いた本って、なんかいいですよね。
タイムスリップが出来て・・。



・・というわけで、
明日から新学年度(2017年度)がいよいよ始まりますね。
またたくさん新しい方も来ていただけそうで、とっても楽しみです♪
「英語大好き」人間を今年も増やせるように、がんばります!!


さて、教室の方は新年度はプライベートレッスンご希望の方が多く
いらっしゃいまして、残り枠もあとわずかとなっています。
レッスンご希望の方は、お早目にご連絡を頂ければと思います。



とりあえず『新中学1年生グループレッスン』の開講が
決まりましたのでまたぜひよろしくお願い致します。

*************************************

 新中学1年生(公立中学)グループレッスン

開講曜日・時間   金曜日 17:30-18:30
          日曜日 17:00-18:00

お月謝など     60分×月4回  6500円

*テキスト・問題集などは実費でお支払いをお願いします。
*年末年始、お盆時期などは月3回となる場合がございます。

*************************************


新年度の目標などは、また明日からいろいろ書いていきたいと
思っています。

なんといっても
英語力向上の本質は、まずは
『語彙を徹底的に増やす!』こと。
新年度も引き続きこの部分は継続していきますね!

そして
『ライティング力をみがく』
ことも、新年度から重点的にやっていきたいと思います。
正しい書き方で、アカデミックに書けるようになること。
これを一緒に学んでいけると良いな〜と思っています。


今からまたみなさんと新しい一年を過ごせることが
本当に楽しみです♪

新年度も楽しく、かつ真剣に学んでいきましょう!!
基本を大事に、反復を厭わずに、練習あるのみです!!
4月の雨が、やがて力強い花 を咲かせるように・・。

がんばっていきましょう!!



posted by ぱせり at 23:57| Comment(0) | 教室 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月19日

5教科対応に向けてのお話いろいろ

春なんだかまだ冬なんだか
よくわからない季節感ですね〜。
私は寒がりなので、まだまだ冬の感覚ですが(;^_^A

さていよいよ新学期に向けてのスタートが
少しずつ始まっていますね。
新しい春に向かって心機一転がんばっていきたいものです。


早いもので私の教室も本当に今までたくさんの方に
お越しいただいています。
しがない教室によくもこれだけ・・と自分でも恐縮ですが
小さい教室だからこそ、ひとりひとりの個性を見極めて
やってこれたのではないかと思います。
これからもこの信条だけは守っていきたいと思っています。

ひとりひとりに丁寧に向き合って、
生徒が「幸せな気持ち」で勉強に向かっていける、
そして何よりも「知的興奮」とは何かを少しでも伝えることが
できればよいなーと思っています。


さて、ところで私の教室、今は英語のみを扱って教えていますが、
今までたくさんの方から他の教科も教えてもらえませんかと
いう声を実はたくさんいただいておりまして・・。

本当にそんな風に言ってもらえて有難い気持ちでいっぱいです。

私としても本当は教えてさしあげられると良いのですが、
プロとしての指導者資格は英語・社会(倫理・哲学)、
そして小学校英語指導者資格なので、内容がわかったとしても
えらそうに教えるのはなんだかなーーと思っていました。
(まあ、一番得意なのは実は哲学なんですけどね〜。

キャパシティ的にも私一人なので、難しいところもありました。

ただ、2020年の大学入試制度改革もひかえていますし、
文系理系をまたいだ文理融合テスト問題なども予想されていますよね〜。
英語だけと言っていられない時代になってきたのも事実です。


そ・こ・で・・

今年の秋あるいは来年の春を目標に
ある教材を使って、うちの教室でも5教科の対応に取り組んでいこうかと
現在考えています。

その教材とは、ご存じの方もたくさんいらっしゃると思いますが

「スタディサプリ」というネットで動画を見て勉強する教材です。

これはとても良い教材なのですが、他の通信教育と同じで
強制力がない、わからないところの質問ができない・・
などが大きな欠点かと思います。


そこで・・
動画での勉強はおうちや、教室の自習室で取り組んでもらい
勉強の進捗管理は私の方で行って、アドバイスをする。
質問があれば、質問してもらう・・という形式だとどうかなーー?
と思っています。

とにかく動画で教えてもらえる先生は超一流ですし、
一か月の料金が格安ですので、これは本当に素晴らしい教材だと
思っています。


そして私がなぜこれを教材にしようと思ったかという
最大の理由はですね、
昨年、新聞の”フロントランナー”という特集記事に載っていた
リクルートマーケティングパートナーの山口文洋さん
(このスタディサプリの前身の受験サプリを作られた方)
の記事を読んで大感動してしまったからなのです!!


教育格差をなくす、という壮大な夢に取り組んでいる山口さんの
考え方に本当に共感しました。
私も塾などには一切行けず、大学院まですべて独力で勉強して
切り拓くしかなかったので・・。


というわけで、とりあえずまずは
実際の運用が本当に可能かどうかをためしてみたいと思いまして、
モニター生を募集してみたいと思っています。

参加資格はどなたでも構いません。
教室生の方でも、外部の方でも大丈夫です。
ただ、下記のことをやっていただける方にお願いしたいと思っています。


・募集人数:小学生 1〜2名程度
      中学生2〜3名程度
      高校生1〜2名程度

・勉強をする意欲が生徒自身にあり、コツコツとやれる方
・スケジュールを組んで、きちんと実行していただける方
・進捗状況を週1回、または月2回くらいのペースで報告
 していただける方
・月に2回ほど、実際に教室に来て進み具合や使い勝手など
 についてお話していただける方。
・最後に利用した結果や成果の報告をしていただける方

◆参加は、1教科からで構いません。最低3か月〜6か月
 くらいを目途にお願いできればと思っています。
◆「スタディプラス」は教材として扱いますので、当教室で利益をのせる
 ことはございません。登録費のみご負担をいただきたいと思います。
(一か月980円+消費税)

そして、このモニター生に限っての特典として下記を
特別プレゼントしたいと思います。

・スケジュール帳(中高生に人気のフォーサイト ふりかえり向上手帳)
・受講する科目のテキスト


英語以外の科目についてちょっと不安で悩んでいる方や、
部活で忙しくてなかなか時間がない方など一度挑戦してみませんか?
私の方でも出来る限りのフォローをさせていただきます。
(実際の運用の際には、理系の先生にもお手伝いいただこうかと
 考えています)

それではご興味のある方はお気軽にメールでも電話でも
お問い合わせください!
ご協力いただける方はぜひお願い致します。

以上、なかの からのお願いでございました!! 



posted by ぱせり at 00:17| 教室 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月14日

大いなる未来に向かって--- 春からもひとりひとりと二人三脚で!

まだまだ肌寒い日が続いていますが、少しずつ春の気配も
感じる今日この頃ですね。

受験シーズンもほぼ終わり、公立高校受験生は発表を待つばかりで
大学受験生の皆さんも、新しい道に心はずませていらっしゃる方も
いれば、来年のリベンジに闘志を燃やしている方など
いろいろかと思います。

大人になってから感じることは、若いときに決めた目標は
多少時間がかかっても、達成するまで頑張ってほしいな、と。

あのときあきらめなければ良かったなー、と思うことが
本当にたくさんありますから。
情熱さえあれば、絶対にいつかは花開くと信じて
努力を続けて欲しいと思います。


さて、私の教室で育ってくれている生徒さんもいよいよ
来年、さ来年と大学入試に向かっていきます。

先日も来年高2になる子の二人から
「志望校合格まで頑張りますので
 ナビゲートをぜひお願いします!」と
早くも宣言してくれました。本当に教師冥利につきますね。
早速連日、夜中までその子たちの合格までのカリキュラム作りに
現在没頭しているところなのです!

しかもどの子も日本の”最高峰”と言われる大学を目標に
出来るくらいに実力をつけてくれていることに
私自身が驚いていたりします!!
よくここまで育ってきてくれているなーと生徒さんたちの
頑張りに感心しています。

大切なのは、とにかく辛抱強く続けること。

何も特別なことをしてあげているわけではないのですが、
私が提案したやり方や教材を実に素直に受け入れてくれて、
中学からコツコツと基本を積み上げていく先には
そういう道が開けてくるんだなあ、とあらためて実感しています。

一流のオリンピック選手には、いつも情熱的かつ冷静な分析が
できるコーチがついていますよね。

来年あるいは2年後の今ごろ、全員の桜をきれいに
咲かせてあげられるように、私も精いっぱい頑張って
ひとりひとりのコーチングをしてあげたいと思っています。

全員がそれぞれの金メダルがとれますように!!!



ところで・・
4月から新中学生になる子たちの準備レッスンも
とても順調にすすんでいます。

先日は「予習・復習の仕方」と「ノートの取り方」を
レクチャーさせていただきました。

英語と数学は毎日勉強するのだ!!

・・・と言ったら「えーっ?」という顔をする子も
いたりしましたが(笑)

同時に文法の勉強もしてもらっています。
意外にやってみると簡単だということがわかったみたいで、
ホッとした表情をしていて、私も安心しました。

春はすぐそこですね。
4月から素晴らしいスタートが切れるように
私も精いっぱい応援していきたいと思っています。


新学年度のレッスンなどについては、いつでも
お気軽にお問合せください。


posted by ぱせり at 12:15| 教室 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月18日

First storm in spring -- 少しずつ春の予感ですね。

今日は、少し暖かくなりましたね。
春一番が吹いたところもあったりと、季節がゆっくりと
動き始めていますね〜。

さて、私立高校の入試がほぼ終わって
私の教室に来てくださっている方たちも
全員めでたく合格という連絡をいただいております。

この地域ではトップレベルの高校ばかりですが、
本当に一生懸命努力した結果が出て良かったな〜。
”合格しました”という言葉。
なんて甘美な響きなんでしょう(笑)

英語は、特に偏差値の高いと言われる私立高校の入試問題には
公立で教える範囲をはるかに超える内容が
出ていますので準備が大変です。

高校で習う文法項目や、単語・熟語など
お構いなしに出てきますので、中学の教科書を
やっていても歯がたちません。
なぜならその知識を学校では教えられていないからです。

なのでうちの教室では、意欲がある子には
学校の進度は無視してどんどん先取りして
やっていただくようにしています。
早い子は、中学2年の終わりぐらいから
高校生向けのテキストや問題集に取り組んで
いただいております。

実は私も予測していなかったことですが、
この先取り学習が後々の大学入試にもいい結果を得られる
布石になっているようです。

英語が出来るようになると、とても自信になるらしく
勉強のモチベーションそのものが上がるようですよ。

いつも思うのですが、公立中学でも
英語は実技科目にして理解度別にクラス分けを
すればいいんじゃないかなあ?
勉強歴に合わせたクラスでそれぞれが
学ぶという方が絶対いいと思うのですが。

よし、文科省?それとも愛知県教育委員会?
どっちでもいいや!早速提言しよう!!!


・・・さて

今日から、この4月から新中学1年生になる方向けの
準備講座を始めました。

英語ってそもそもどんな言葉なの?
というお話から、ていねいに説明をさせていただいています。

時間があれば、英語の歴史などにもふれていけると良いなあ。

英語の歴史って、ほんとうにおもしろいんです!!
ああ、だからこうなったんだぁ、という話がいっぱい
あります。

たとえば、
rival (ライバル)という言葉は、ローマ時代に
river (川)をはさんだ二つの領域を争ったことから
生まれたという話とか・・。
(正確にはラテン語で小川を意味する
 rivusの派生語 rivailsから)
こういう小ネタを話したくて仕方がない私がいます。

というわけで、これから3月末までの講座で
英語を好きになってもらって、そして新しい中学生活で
英語が大得意になってもらえるとうれしいです。

IMG_0878.JPG

英語の楽しいところ、たくさんお伝えします。
もちろん予習・復習のやり方、テスト勉強のやり方など
ひとつひとつていねいにお教えしますね。

*****************************************************


大学院時代、夏休みにも特別講義がたくさんありました。
私は欲張りだったので(笑)夏休みもせっせと通って
いろんな講義を受けました。

ある講義を受けたときの参加者は、私と私の親友と
中国人留学生の Bさんの3人だけでした。

Bさんは温厚でとても気さくで親切で、
私たちは3人でたくさん話をしました。
ある時いつも通り、たわいのない話をあれこれしていた時に、
Bさんが驚くべき事実を教えてくれたのです。

ぼく、昔、スパイをやっていたんですよね(笑顔)


・・・はい? 今 スパイって言いました?
私と友人はその告白に興奮を隠し切れませんでした。

好きな映画は何ですか?と聞かれたら『ニキータ』と答える私。
まさか、”スパイ”という言葉を、この平和で平凡な毎日が過ぎるだけの
日本の日常生活で聞くことになるとは。
そしていろんな意味で若かった私にとってこの事実を
どう租借してよいのやら・・。

Bさんはお父さんが外交官をなさっていたということで
いろんな国に行ったりしたそうです。
どこでスパイ活動をしていたかとか聞いた気がするけど
その部分がいまいちおぼろげで・・。
(えっ、もしかして記憶が消されてるとか?・・んなわけないか)

韓国語、日本語、英語などいろんな言葉を話せるBさん。 
将来はアメリカに留学して、それから商売をしたいと
素敵な笑顔で話していたのが印象的でした。

あれは本当に本当の話だったのかなあ?

ここ2、3日の小説でも書けないような出来事を目にして
にわかに思い出したBさんのこと。
Bさんは予定通り今ごろはアメリカで商売をして
成功されているかしら?
夢が実現しているといいなあ。


51JQJSEDpNL.jpg


クアラルンプール、マカオ、平壌・・
assassin に、一国のトップの異母兄弟という登場人物。
フレームワークだけでも優に小説を越えてますね。
おそろしい・・。

posted by ぱせり at 02:14| Comment(0) | 教室 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする